食から人生を変える365の方法

肉食男子から菜食男子になって、人生を変えたポイントを楽しく伝えるブログです。

【追記】菜食を選択したことで、18年悩んでいた乾癬という皮膚病が完治した。

・【追記】菜食を選択したことで、18年悩んでいた乾癬という皮膚病が完治した。

 

 


今日も大幅な遅刻の7日目のブログ^^;
なんとか続いています(笑)


昔に比べ、すっかりブログを書かなくなってしまい、
書く癖が抜けるとすぐに昔の『書かない癖』が出てきます。


まぁ、義務でも強制でもない、本人の意思によるものだと思うのですが、
今回のタイトルは毎日書こうという想いも込めて付けたタイトルでもあります。


もちろん、ここを御覧の皆様には食からどんな変化が得られるのか?
という情報を色々な角度からお伝えできればと思っております。


さて、そろそろ本題に入ろうかと思うのですが、
オフライン、オンラインから割と多くの反応がありましたので、
2日目のブログで別の機会に書くと言っていた、
18年悩んでいた皮膚病が完治したお話しを書こうと思います。




私が18年も悩んでいたというか、もう共存してたと言っていい病気の名前が、


『乾癬』


という病気でした。


厳密に言うと『尋常性乾癬』と呼ばれる症状で、わかりやすく言うと、
皮膚の一部が少し盛り上がり、そこからフケのようなものが出ると言った感じで、
そこの部分の皮をめくると赤くなったり、めくれ過ぎると出血したり、
膿が出たりという状態になりました。


18年前初めて出たのがおでこの髪の毛の生え際辺りでした。
ニキビのような出来物ができ、誤ってそれを潰してしまいました。


最初はニキビだからちょっと痕は残るけど、
すぐ治るだろうとタカをくくっていたのですが、
いつものニキビが潰れた感じと違い、
潰れた所から赤く広がっていくのがわかりました。


それから、フケのようなものが出始め、そこだけでなく、
他の身体の場所にも現れるようになりました。


皮膚科に行っても高い金額の薬を渡され、
塗り薬に至ってはステロイド入りのものを渡される始末。


塗った後は綺麗になりますが、放っておくとあっという間に
元の状態に逆戻りでした。


皮膚科の先生も「もう付き合っていくしかない。」と言われ、
医者に行くのをやめ、自然に治るのを期待するしかないと思っていました。


というのも、突然次の日には乾癬のあった場所がなくなって、
皮膚が綺麗になっているということもしばしばあったからなんです。


しかし、日に日に全身に広がり、頭部から足首くらいまで、
部位は広がっていました。。。


皮膚科の先生が投げている病気なのに、抑える薬だけをお金を払って貰いに行く、
例え、全身に広がっていてもバカバカしいので、全く行く気になれませんでした。


ただ、自分なりに色々調べていくうちに、
この病気はどうも腸や腎臓から来ているらしいということを突き止めました。


そのきっかけになったのが、タロットカードに携わっていたことです。
いわゆるスピリチュアルな情報も耳に入ってきやすい環境下に身を置いていました。


スピリチュアルな世界では知らない人はいないだろうと思いますが、
アメリカの霊能者の「エドガー・ケイシー」さん。


不治の病と言われた数多くの人々を透視し、
治療法まで伝えていたという伝説の人です。


そのエドガー・ケイシーさんの名前を冠した文庫本の中に、
乾癬について書かれた本があり、そこに腸や腎臓のことも書かれていました。


それで原因だけはわかっていたものの、効果的なアプローチをすることもなく、
つい最近まで過ごしてきたのですが、去年末に軽い『ぎっくり腰』に見舞われました。
まさか、このぎっくり腰が今後の大いなる転換点になるとは夢にも思いませんでした。


ぎっくり腰自体は、過去に2度経験していたこともあり、
自分なりに対処方法を心得ていたので、そこまでひどくなることもなく、
ただ痛みも引かないという中途半端な状態で過ごすという日々でした。


個人的にあまりお医者さんを信用していないということもありますが、
友人の紹介とかでない限り、あまり行きたいという気になれませんし、
お医者さんに心を開くということもないでしょう。


そんななか、今年に入って信用している方から、ここがいいよと勧めて下さったのが、
滋賀県草津栗東にある『とりごえ整骨院』さん。

http://www.torigoe-seikotsuin.com/

 

行く目的はもちろんぎっくり腰の治療です(笑)


保険適応外の少し高額な治療になりましたが、初日に診てもらった時に、
「このぎっくり腰の原因は『腎臓』からきてますね。」と言われ、


「腎臓の位置も少しずれているので、元の位置に戻しましょう。」と言われ、
そのための施術をして下さり(少しだけ身体に衝撃がありますが、
全然痛くありません。)、腰の痛みも消え、喜びいさんで帰宅しました(笑)


そして、次の日のお風呂に入っている時に、とある変化に気付きます。


ほぼ背中の大部分を覆っていた乾癬の部分がほぼ消えていたのです!
これには驚きましたが、その時は気まぐれで消えるいつものやつか。
ぐらいの程度でしたが、日にちが経つにつれ、他の部位が消えていく様を
手に取るように感じていきまして、パートナーからも、


「それ、鳥越先生に診てもらってからじゃない?」


と言われて、ハッとしました!!


そう!腎臓への効果的なアプローチをしてもらったことで、
ぎっくり腰よりも先に、18年間悩んできたまさかの乾癬が治っていたのです。


その代り、皮膚から毒素を出そうとしていたものが、皮膚から出なくなったので、
後に、恐ろしいくらいのかつてない腰痛に悩まされることにはなるのですが(笑)


そして、2回目の治療日の時にお伺いした時に、乾癬のことも聞いてみました。


先生は乾癬のことも御存知で、初日のアプローチである程度まで
回復はしているだろうという見込みは立ててらっしゃったようでした。


しかし、その予想を上回る治り振りと、その分腰痛に回ってきたことも
驚いてらっしゃいましたが、先生曰く、


ヴィーガンだったから、早く治ったのだと思います。
この治るスピードは想像以上でした。もう身体が治る状態は
整っていたのでしょうね。」



先述したエドガー・ケイシーの本にも、まずは「体内の浄化から」という言葉もあり、
読んだ時には意味がわからなかったことも、こうやって実践し、体感を得たことで、
確信に変わっております。


【追記部分】
個別にコメントを頂きましたので、掲載させて頂きます。

「まさに私の父は、ぎっくり腰持ちで、乾癬で38年間ステロイドを塗り続け、
腎臓ガンで亡くなりました。。。関連してたんですね。。。」

 

私もたまたまが重なり、この関連性を知りましたが、皮膚からのアプローチだけでは
治るどころか、このコメントでガンになる可能性があることを知りました。


「乾癬」に限らず、皮膚病で悩んでらっしゃる方には、
改めて「菜食」という選択を考えて頂ければと思います。


こうして、私は一生皮膚病に悩まされる人生から、
菜食を選択し、体内浄化(特に意識はしていません。)をし、
先生を紹介して下さった素晴らしい友人との御縁を介し、
鳥越先生に出逢い、皮膚病から解放される状態へと変化しました。


そういう意味では、あらゆる皮膚病に悩まされている方々には、
是非とも食べるものを変え、自分の口に入れるものを真剣に考えてみられることを
私は強くお勧めします。


少なくとも、この一件でまた私の人生は良い方向に変わりました。
改めて、菜食を選択して良かったなと確信を得た一件でした。


もちろん個人差があると思いますので、菜食歴が浅い方、長い方であっても、
同じような結果が出る保証はありませんので、その点はご了承下さい。
それでも、何もしないで諦めるよりは、よっぽど価値のある行動だと思います。


そして、菜食だけで治らなかった場合は、是非『とりごえ整骨院』さんへ。
皮膚科に行くよりもよっぽど効果的なアプローチをして下さると思います。


今日はなんだか熱く語っちゃいましたし、超大遅刻なブログになってすいません!
明日のブログはもっと早く書きますね(笑)

それでは、また明日お会いしましょー♪